マギカロギアのお勧めハウスルール1


どうも、十一里あるくです。

今回はマギロギのハウスルール(ローカルルール)について書きたいと思います。

そもそも、「ハウスルールって何ぞや?」って言いいますと・・・

ローカルルールもしくは地方ルールとは、ある特定の地方、場所、組織、団体、状況などでのみ適用されるルールのことを指す。
※ウィキペディアより

だそうです。
TRPGで言うなれば「1セッションにのみ適用されるルール」と言ったところでしょうか。
また、当然ながらルールブックには記載がないため、「卓の参加者の同意の上で適用されるルール」と言いうこともできますね。


さて、本題です。

私がマギカロギアでお勧めしたいハウスルール


・魔力0からの「魔力開放」

【真の姿】の効果「魔力開放」は、魔力が0以下の状態でも使用できる

※魔法戦も敗北せずに新しく決定した魔力で続行する


というものです。

要は「魔力開放を本当にいつでも使える」ようにすると言う事です。

このハウスルールを適用すると、【真の姿】を使う前に魔力が0になってしまって使うタイミングを逃すという事がなくなります!!!

いわゆる「抱え落ち」というやつが無くなるわけです。
哲学戦線」で「鳳円しるふ」が気にしていた、まさにそれです!

しかし、このハウスルールがあれば、有効な使用タイミングとか、そういった難しい事を考えなくてもよくなります
死んでから使えばいいや」という安心の魔法戦があなたの手に!!!


で、どうしてこのハウスルールをお勧めするかと言うと、

慣れてないPLは「魔力開放」を取っておくと間違いがなくなる

からです。

このハウスルールは、初心者のPLさんがいる場合など、できるだけルール理解の負担を減らしたい時にとても有効です。
GMは「とりあえずこれ取っておいて」と自信を持って言えますし、使う方も難しい事を考えずに使う事ができます。
なので、その辺のプレイがたいへん円滑に進むんですよね。
個人的な実感ではありますが、本当にお勧めです


逆にデメリットとして

魔力開放」以外の【真の姿】の効果を選ぶ理由が薄くなる

というのがあります。

魔力開放」が「定番過ぎる」状態になるんですね。安パイ過ぎると言うわけです。
まぁ、そういう狙いのハウスルールなので仕方ないところではあります。
そういうわけで、熟練魔法使いのPLさん達にはあまり必要のないハウスルールだったりします。


しかし・・・

それを差し置いても、「初心者のルール理解の負担を減らせる」と言うのは大きなメリットです!

是非、これからマギカロギアを遊ばれるマガの皆さん、このハウスルールの使用を検討してみてくださいね。

ハウスルールありも楽しいよ!


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA